幸栄さんの基本のパン生地。残りはこうなりました。 その2

昨日、幸栄さんの基本のパン生地の半分を大きく焼きました。

残りの半分はパウンド型に入れて焼きました。

20151128食パン

お皿からはみ出る勢い(笑)

山形食パンにしました。

こちらは4つに分割して、それぞれを丸めます。

それを薄くサラダオイルを塗ったパウンド型に入れました。

オーブンを210℃に予熱し、18分焼きます。

てっぺんの色はちょうどよかったので、アルミホイルを乗せて
210℃で2分追加して焼きました。

写真を撮っていたら、母が
「あら~、焼きたて~!食べたいわ~」

ということで、一気に半分なくなりました(笑)

私も食べてみましたが、中はしっとり、もっちり、甘みもあり
とてもおいしく焼きあがりました。

幸栄さんのレシピは、ゆっくり発酵させるためか
もっちりとしておいしいんです。

こんなにシンプルな材料なのに、どうしてこうおいしくなるのか不思議。

お惣菜パンもおいしいので好きです。
家で作って食べることができると、それはまた嬉しいものです。

でも最近は、あんまり手間をかけずにおいしく作れるこのパンがお気に入り。

基本の生地は同じでも、形を変えるだけで
何となくいろいろ作れているような気になります( *´艸`)

最後までお読みいただきありがとうございました(^_^)/


あかちゃん、こども、おとなのパン—はじめてのパンづくり

【楽天ブックスならいつでも送料無料】あかちゃん、こども、おとなのパン [ 幸栄 ]

ブログランキング

応援していただけると更新の励みになります!

愛読書です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
スポンサーリンク
レクタングル(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

内臓脂肪の役割