ひとつの生地で違う成形でパンを焼く

基本の生地を一つ覚えてしまうと、
それをアレンジしていけるので色々と応用できてきます。

今回は、成形を変えて焼いてみました。
20160131いろいろ

夜に写真とったせいか、暗いなぁ・・・。

全粒粉を入れて生地を作りました。
素朴で美味しいです。

そのまま食べても美味しいし、
ジャムを塗っても美味しいし、
ハムやウィンナーをはさんで食べても美味しいです!!

なんて懐の大きいパンなんでしょう・・・。

みかさんのレシピだと、応用力が身につきます。

初心者向けにはとくにこの本がおすすめ。

みかさんの手づくりパンのある楽しい食卓

まずは基本の生地を2種類紹介されています。

それを少しずつ展開していくと
バリエーションは無限大です!!

この応用の仕方が身につくと、自分が好きなパンが手軽に焼けるようになってきます。

まずは、簡単な基本の生地でパン作りの流れをつかみ、
少しずつ応用ができるよう何度も焼いてみる。

最初は失敗しても、だんだん上手になってきますよ!

楽しく続けていきたいです。

最後までお読みいただきありがとうございました(^_^)/

ブログランキング

応援していただけると更新の励みになります!

愛読書です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
スポンサーリンク
レクタングル(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

内臓脂肪の役割