ワンちゃんは自分で自分のご飯は選べません。選べるのは飼い主だからこそ!!

当然ですが、ペットのワンちゃんは自分で食べるご飯は選べませんよね。

飼い主さんがくれるご飯を食べるわけです。

(まぁ、食べたくな~いと自己主張すると、飼い主さんが気を遣ってもっとおいしいご飯を持ってきてくれる場合もあるのでしょうけど・・・。)

20151213子犬

人間が食べるものをそのままの味付けで与えるのは、
ペットちゃんの体にとっては負担が大きいです。

味が濃い。

小さい体のペットちゃんには、この濃い味付けはすごく負担になります。

だから、最近のペットちゃんは人間並みに病気するんですよね。

以前飼っていたワンちゃんには、ちょびっとですが人間が食べるものを与えていました。

食パン、チーズ、みかんなんて大好きでしたよ!

家族が食べていると、そばに座って「欲しいよ~」って前足でおねだりするんです。
これが、家族にとっては可愛いな~と思ってしまうので
ついつい自分が食べているものを一口あげてしまうんです。

こうしてあげてしまうと、ワンちゃんも美味しいですし、
「おねだりすればもらえる」と学習してしまいますから
これ以降毎回おねだりするようになり悪循環が始まります。

鉄の意志で「おねだりされてもあげない!!」と我慢するのは
飼い主さんにとってもきついですね。

でも、ペットちゃんの体のことを考えると
人間と同じものを食べて病気してつらい思いをするよりも
ペットちゃんにとっていい食べ物を選んであげて
ペットちゃん自身が健康に元気に大好きな飼い主さんと長生きできるほうが
幸せなのでは~?と思います。

ワンちゃんのご飯について色々調べていくと、
私が思っていたワンちゃんのご飯はちょっと違うかな?と思い始めました。

例えば
子犬の時は、胃袋が小さいので1日に何回か少量ずつご飯をあげるが、
大人になったら1日1回で充分
とか、

基本的に肉食ですから、野菜とか穀物などもバランスよくとらなくちゃって考えなくてもいいみたい。
などです。

また、ドッグフードの中には粗悪なものもあるようで
肉なら何でもかんでもすりつぶして入れてしまうこともあるそうです。

病気の家畜の肉なども入れてしまうとか・・・。

お店に行ってみると、ペットフードもピンからキリまであり、
「この差は一体何なんだ?」と思ってしまいます。

以前飼っていたワンちゃんは知人の紹介でこちらを買っていました。
モッピー&ナナ楽天市場店

「ナナ」というドッグフードを買っていました。

ワンちゃんの年齢によって、フードの種類が違います。

最後はお年寄りのワンちゃん用の「スーパーライトエナジー」をまとめ買いしていました。

でも・・・。
こういういいご飯を選んでおきながら、
おねだりされたらついつい人間の食べ物をあげていたので
あんまり意味がなかったかな?

人間の食べ物をあげなければ、もっと長生きしてくれたかな?

なんて、ワンちゃんが天国に行ってから考えてしまいました。

だから、今回飼い始めたワンちゃんには
「絶対、人間のご飯は与えない!!」
と家族全員で約束しました。

その代り、いいご飯を選んであげなくっちゃ!!

さらに色々調べたところ・・・ありました!

カナガン イギリス最高級のグレインフリードッグフード

カリカリドライのドッグフードなので、
子犬のこの子が食べるかな~と心配していましたが、
大丈夫でした!

いきなり食らいついてすごい勢いで完食しました!!

美味しいんだろうな~(*´▽`*)

ちょっとお高いのが難点ですが、
そこは定期コースで申し込んで20%割引を狙います!

最後までお読みいただきありがとうございました(^_^)/

ブログランキング

応援していただけると更新の励みになります!

愛読書です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
スポンサーリンク
レクタングル(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

内臓脂肪の役割