「忙しい」を理由にしたくない。やりたいことはコマギレ時間を使って行動にうつす

毎日「忙しい」が口癖のmakiです(汗)

日々の生活に追われてしまい
何だか流されてるような気がしています。

昨日の記事では「アフィリエイト」をあきらめずに続けよう!
と改めて確認しました。

でも実際のところ、中々想いが行動へうつっていきません。

やりたいのにできない。

まぁ、私の中の本気度が足りないのかもしれませんが(汗)

やりたい→でも忙しいから時間がないからできない。

この無限ループを破るヒントをこの本からもらいました。

「コマギレ・すきま時間」活用術―「1日15分3セット」で夢を実現!
木村雅晴 著

簡単に言うと、

1日15分のコマギレ時間(すきま時間)を3つ見つけて続けてみよう!

という方法を著者は実践しています。

たったこれだけのことですが
これを継続するとビックリするくらい時間が確保できます。

1週間で・・・225分
1か月で・・・990分
1年で・・・11880分!!(←なんかすごい!)

「忙しい」といって何もしないとゼロですが、
小さな時間でも積み重ねるとこんなにもたくさんの時間をつくることができる。

そしてコマギレ時間を活用して成功するポイントは2つ。

①最終ゴールをしっかりイメージ

「こうなりたい」イメージをしっかりと持っておけばブレません。
いきたいゴールを明確にすることによって方向が決まります。

②コマギレ時間を有効に使えるツールを身につけておく

コマギレ時間ができたらやることをあらかじめ決めておきます。
やることを決めたら、その時間に使うツールを常に携帯しておくのです。

そうすれば時間があいたらサッと行動にうつせる。

英語を話せるようになりたいなら
覚えたいセンテンスをノートにまとめておき、常に携帯しておくとか。

時間があいたらすぐにノートを開き、覚えることに専念できます。

ほんの少しの工夫で、時間を味方につけて
夢をかなえられたら嬉しいですね!

参考になりました→ 「コマギレ・すきま時間」活用術―「1日15分3セット」で夢を実現!

ブログランキング

応援していただけると更新の励みになります!

愛読書です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
スポンサーリンク
レクタングル(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

内臓脂肪の役割