パール金属の圧力鍋。レビューします

念願だった圧力鍋を買いました。

参考記事
念願の圧力鍋を買いました!アマゾンで最安値。

実は、使い方について説明書を読むのが面倒だったので、すぐには使い始めなかったんです(汗)

でも、持ってるだけじゃ仕方ない。
ザーッと説明書を読んだり、圧力鍋のレシピ本をザーッと読んだりして少しずつ使い始めてみたところ、予想よりはるかに良かったので感想をご紹介します。

もっと早く買えばよかった

これに尽きます!

冬は、根菜類の煮物を食べたくなるのですが、普通の鍋で作ると時間がかかる・・・。

パートの仕事を終えてクタクタの状態の中、子供の「お腹空いた――――」と叫ぶ声。ゆっくりコトコト煮物を作るなんて無理!!

ところが、全部圧力鍋に入れて火にかける。

圧力がかかり5分くらい煮たら放置。(煮る時間は中の材料によって違います。)

放置してる間は別のおかずを作ったり、洗い物をしたり。

そうこうしているうちに煮物が出来上がります。

簡単でしょ?

圧力鍋を買ったら煮物を作る回数が増えました。

圧力鍋ならではの柔らかさ

「ソフトな感じ」とでも言いましょうか。
煮崩れせず形は残っているのにとても柔らかくなっているんです。

例えば家族が好きな牛モツ。

柔らかくするためには1時間以上煮なくてはいけませんでした。
でも圧力鍋なら大幅に時間短縮できます。

下ゆで15分、味つけて10分くらいでしょうか。

まぁ、茶色くって見た目はよくありませんが(汗)
この牛スジの柔らかいこと(*´з`)

大きく切ってある牛スジですが、食べてみると本当に柔らかいのです。

普通のお鍋で煮るとこうはいきません!
しかも、長く煮ればいいってものでもないんですよね。

煮すぎるととろけて無くなっちゃう・・・。

味付けは勉強中

私、料理本やら付属のレシピなどを適当に読んで適当に作っているので、味付けがなかなか難しいです。

出来上がって蓋を開けると「水分多すぎ・・・」
肉じゃが作ったりすると水分がジャブジャブです。

まぁ、その結果、薄味になるのでいいですが・・・。

圧力鍋はある程度の水分は入れなければなりません。

しかし、蓋が密閉されているので、蒸気はあまり外に逃げません。
すると野菜から出た水分がお鍋の中に残りジャブジャブになるようです。

ここら辺の調整は、圧力鍋用のレシピ本を見て、その通りに作ってみるといいですね。

何度かレシピ通りに作ると、水分量の加減や味の入り方がわかってきて、自分好みの味付けができるようになります。

味付けはまだまだ勉強中です。

最後に

たかが圧力鍋。されど圧力鍋です。(なんのこっちゃ。)

気に入った道具を持つことで、お料理自体が楽しくなるし、出来上がった料理も最高です!!

料理って毎日するものですよね。

みんながみんな料理好きなわけではないし、
仕事してたりして忙しくて疲れている中でも頑張って作ってるんですよ!!

だから少しでも楽しく、ラクに、おいしくできたらいいですよね。

そんな毎日のお料理に役立てていけたらいいな~
これからも圧力鍋使っていきますよ!!

パール金属 圧力鍋 3.5L IH対応 3層底 切り替え式 レシピ付 クイックエコ H-5040

ブログランキング

応援していただけると更新の励みになります!

愛読書です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
スポンサーリンク
レクタングル(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

内臓脂肪の役割