MACOさんの「ネガティブがあっても引き寄せは叶う!」はすごく勉強になった

引き寄せの世界ではきっとすごい有名なんだと思います。

MACOさんです。

ブログはこちら

先日、本屋さんをプラプラしていたらこの本を発見。

ネガティブがあっても引き寄せは叶う!

2015年に発売されていて、私もいずれは読んでみたいと思っていた本でした。

何気なく立ち読みしたら「やっぱ、これ買でしょ」ってことで衝動買い。

今日、読み終わりましたが、読んで良かったです。

奥平亜美衣さんとは、また少し違った説明で引き寄せの法則をわかりやすく教えくれてます。

これからまた引き寄せの法則を意識していくうえで、ぜひ取り入れてみよう!!と思ったことがあったのでご紹介しますね。

決める。決めたらそうなる

「こうなる」って決めるんですって。
脳内で「こうなる」って言い聞かせる感じです。

「決める」ってことは「できるかどうか」の根拠は要らないですよね?

今の自分にはできるかわからないけど、それは全然気にしなくていいんです。

自分の中で「こうなる」って決めればそうなるらしいです!

ここで例として「コーヒー飲むぞ!」って決めることが挙げられていました。

・コーヒー飲むぞって決める
・喫茶店を探そうとする
・喫茶店に入り注文する
・コーヒーを入れてもらって店員さんが目の前に出してくれる

めでたしめでたし♪

「コーヒー飲む」って決めないとコーヒーは飲めないってこと

生活レベルでは、年がら年中こういう決断をしているんですよね。

というか、生きるって決断の連続です。

それと同じ感覚で叶えたい夢があるならまずは「決める」

結果、夢が引き寄せられるんですね。

修正した思考は「名前をつけて保存」

人間だから、落ち込むこともありますよね。

私はしょっちゅうです。

私の場合はどちらかというとすぐにネガティブな考えが頭の中を回り始めるタイプ。

そして「こんな自分はダメだ・・・」と落ち込んで1日が終わる・・・。

こんな私でも大丈夫なんです!

「ダメだ・・・」がグルグル回っても
最後は絶対に思考を修正して「でも大丈夫。私こうする」って決めて終わればOK。

これをMACOさんは

修正した思考は「名前をつけて保存」してね、と言ってるんです。

これって、すごくわかりやすい(笑)

イメージの力って大切です。

こういうちょっとした表現方法で、ストンと理解できることって確かにある。
腑に落ちる感覚。

こうなればしめたものです!

「毎日が給料日!」と心得る

これ、すごい。 ワクワクしますね(笑)

普通、こういうことって「ありえない」と思いがちですが、そこを決めてしまうんですね~

いいなぁ。毎日給料日♪

今のところ毎日お給料が入ってくる当てはありません!( ̄▽ ̄)
でも決めちゃうんですよ!

「毎日給料日」になっても慌てないように、今から「毎日給料日」って決めておきます(笑)

まとめ

奥平亜美衣さんとは少し違った角度から引き寄せの法則を説明している感じです。

また、MACOさんは心理学・量子力学とか、一見引き寄せの法則とは関係ない事も使いながら説明してくれています。

私は若いとき、心理学に興味があり少し勉強していた時期がありました。

ネガティブな感情が出てきても、それを見つめ、認め、放していく・・・
という方法で引き寄せの法則をうまく働かせていくやり方は

カウンセリングの手法と同じです。

「自分の中から湧き出た感情」って、なかったことにはできない。

マイナスの感情を無視するってことは
自分を無視するのと同じこと。

マザーテレサは「愛の反対は憎しみではなく無関心です」と言いました。

「無視する」とはまさに無関心だからできる行動。

自分で自分を無視して、はたして幸せになれるでしょうか?

自分の中から出てきたものは全て自分です。

だから良い悪いと評価することなくマイナス(に見える)感情もしっかりと認めていくこと。

そうするとマイナス感情は役割を果たし、解放されていくんです。

引き寄せの法則が、一段と面白く感じられました。

楽天はこちら

ブログランキング

応援していただけると更新の励みになります!

愛読書です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
スポンサーリンク
レクタングル(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

内臓脂肪の役割