「ノマドワーカーという生き方」立花岳志著にある「夢と目標の管理」を試してみる

毎日を漫然と過ごしている今日この頃です。

日々の生活を回していくのに必死。

自分と向き合う時間をとらなくちゃなー、と思いながらも中々その余裕がありません。
精神的にも時間的にも。

そんな中、読み始めたのがこの本。

ノマドワーカーという生き方/立花岳志著

ノマドワーカー、憧れますわ・・・。

立花さんはブロガーなので、ネット環境が整えばいつでもどこでも仕事ができるノマドワーカーです。

そんな立花さんが実践されている「夢と目標の管理方法」が詳しく書かれている部分が面白かったし、読んでいるとワクワクしました。

とても楽しそうだったので真似してやり始めました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

5年後になりたい自分を書き出す

まずは「自分がこうなりたい」を考えます。

何について考えるのかと言うと
「仕事」「家庭」「教養」「財産」「健康」の6つについてなんです。

5年後になりたい状況を細かく妥協せず書き出します。

ここでは「実現するかな~?」なんていう心配は無用です。

むしろ自分で制限をしないで「こんなにとんでもないこと!!」と思うようなことでも書きます。

私は普段使っているノートに書き出しました。

やってみるとわかるのですが、ついつい自分に制限をかけてしまうんですよね。

「何でも書き出してOK」なのですが、今の環境・状況をもとに5年後を考えてしまいます。

これ、逆ですから!!

まずは「5年後になりたい自分」を考えるんですよ!

そこから逆算して行動計画に落とし込んでいきます。

年間計画を作る

5年後になりたい自分を確認できたら、次は今年中に自分がしなければいけないことを書いていきます。

1年後っていうとグッと身近に感じますね。

5年後にこうなりたいなら1年後はここまでできておかないとね!っていう計画を立てるんです。

ここではやることが具体的になっていきます。

3カ月後、1カ月後、今週の計画を作る

どんどん詳しい行動計画を立てていくんですね。

「今週やること」が決まると「今日やること」も決まってくるので、「やろうかな~」という気持ちになってくるかも。

私は夢スタ手帳に「今週やること」を書きこんでみました。

おー。手帳、使える使える。

ちょっとはやる気も出てきた気がする・・・。

立花さんは、計画して実行したことを検証しているんですよ。やりっぱなしではないんです。

で、違うなーと思うところは微調整していくんです。

違う方向に努力しても、着いたら違う場所だった―なんて悲しいですもんね。

最後に

夢や目標から逆算して、最終的には「今日やること」細分化していくやり方って、いろんな人が実践してますよね。本もたくさん出ています。

でも、計画を立てるだけじゃなくて、それを実行して、さらに続けていくのが大変なんですよねー。

継続は力なり。

しばらくは手帳を使いつつ、試してみます~!

参考図書

ノマドワーカーという生き方

ブログランキング

応援していただけると更新の励みになります!

愛読書です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

内臓脂肪の役割