夕食作りの時短におすすめ「凍り野菜」のレシピ本

パートから急いで帰宅してまずやることは「夕食作り」

急いで作ることもないのですが、自分自身がお腹が空いているので(笑)とにかく早くご飯食べたい!です。

時短料理について本を読んだりネットで検索していますが、先日いいレシピ本を見つけました。

うま味凝縮 塩分控えめ さらに時短! 凍り野菜レシピ

スポンサーリンク
レクタングル(大)

野菜を凍らせるだけで時短になる

やり方は簡単。
野菜を切って生のままジップロックに入れて冷凍するだけ。

これなら、つくおきで挫折した私にもできる(*´з`)

冷凍した野菜は凍ったまま料理に使えるので、解凍の手間は要りません。

今まで冷凍できないと思いこんでいたじゃがいも・きゅうりなども冷凍できることを知り、私にとっては大発見でした。

野菜は切ったらそのまま(もしくは切らずに丸ごと)冷凍するだけなので手間いらず。

料理をするときに意外と時間と手間がかかるのが「野菜を切ること」

切るのに時間がかかり、そのあと煮たり焼いたりしてさらに時間がかかります。
そうすると夕食作り全体が1時間くらいかかってしまうんです。

でも野菜だけでも切ってあると、お鍋やフライパンにドボン!と入れるだけでいいいのでかなりの時短になります。

しかも美味しく減塩になる

野菜を凍らせてから調理すると、味がしみこみやすくなるため塩分も控えめで充分おいしくなるそうです。これにもビックリしました。

凍り野菜は時短にも健康にもいいんですね!

朝のお弁当作りにも使える

野菜を切ってあることで毎日のお弁当作りも時短になっています。

切ってある野菜をレンジでチンしてドレッシングを入れて混ぜれば、簡単にお野菜を使った一品ができます。

お肉と凍った野菜をフライパンでじゃーっと炒めれば簡単に主菜ができます。

朝はバタバタして時間がないので、包丁・まな板を使わないと調理が本当にラクになりますよね。

時間だけでなく食費の節約にもなる

私は週末に1回、近所のスーパーで食料品のまとめ買いをします。
平日はパートであまり買い物に行く時間がないからです。

1週間はなるべく買ったもので間に合うように食材を使っていきます。

週末に買った食材を使い、つくおきにチャレンジしたこともありますが
週末に時間をかけて料理するので、ぐったりと疲れてしまったんです。

せっかくの休日が台無しです。

また、急な予定変更の為に作り置きのおかずを食べられなかったり、「今日はカレーの気分!」ということで急にカレーを作ってしまったり・・・。

せっかく作り置いたお惣菜を食べないことが出てくるんです。

ヘタをするとそのまま腐らせてしまったり(泣)

これでは食費のムダ!!

凍り野菜は、休日にまとめて「野菜を切って冷凍」するという手軽さなのでつくおきほど時間はかかりません。

平日の気分でメニューを決めることもできるので「作ったおかずを腐らせる」ということもありません。

平日の時間がない中でも、凍り野菜を使えば野菜たっぷりのおかずも作れます。

簡単に夕食が作れるので、夕方お惣菜コーナーに走らなくてもすみますよ^^

いいことずくめなんです!

このレシピ本は、野菜の冷凍の仕方を紹介しつつ、凍り野菜を使ったレシピも載っています。

レシピも和洋中があり、私好みのメニューばかりでした。

1週間試してみましたが、凍り野菜便利でしたよ~

今日は土曜日なので、買い物して凍り野菜を作ります。
ぜひお試しください!

うま味凝縮 塩分控えめ さらに時短! 凍り野菜レシピ

楽天はこちら

ブログランキング

応援していただけると更新の励みになります!

愛読書です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

内臓脂肪の役割