バレットジャーナルって知ってる?参考になるサイトを調べたよ

たまたまネットサーフィンしていたら「バレットジャーナル」というノート術?手帳術?を知りました。

こんな単語、生まれて初めて聞いた―!

気になったので調べ始めたら楽しそうだったのでご紹介します。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

バレットジャーナルとはシンプル・自由な手帳術

バレットジャーナルは、お気に入りのノートとペン1本から始められるノート術です。

基本の型が一応ありますが、そのほかは書く人の自由です。

マンスリーカレンダーで予定を管理していいし
TO DOリストを作って行動に移してもいいし
アイデアを記録してもいいし
家計簿に使ってもいいし
見た映画の半券を貼ってもいいし・・・

とにかく自由なノート術のようです!

バレットジャーナルを考案したのはニューヨークのデジタルプロダクトデザイナー、Ryder Carrollさんです。

元々は、ノート1冊とペン1本で始められるシンプルなノート術のようですが、段々広まるにつれてどんどんアレンジされているようです。

そのアレンジっぷりが素晴らしく、ユーザーさんは自分のバレットジャーナルをブログやインスタなどで公開しています。

見ているだけでもワクワクしてきますよー^^

どうやって始めたらいいのか参考になるサイトを紹介

だいたいのことは分かったけど、「じゃぁ、一体どうやって作り始めたらいいの?」となるとやり方がわからなくて困ってしまいます。

調べてみると、充実した日本語サイトがありました。

わたしのバレットジャーナル

すみれさんという方がバレットジャーナル情報を詳しく紹介してくれています。

サイトもきれいでとても見やすいですよ!

もちろん内容も充実していて、とても勉強になります。

画像もたくさんあるので、イメージをつかみやすいです。

しばらくはこちらのサイトにお邪魔して勉強させていただきます<(_ _)>

今あるノートとペンですぐに始められる

私は今年逆算手帳を使っていますが、バレットジャーナルもなんだかおもしろそうです!!

併用することもできるのでは?と思ったので、手持ちのノートとペンでまずはチャレンジしてみようかと計画中。

使い始めたけど最初の数ページでほったらかしになっている(痛っ!)ノートがあったので、それで試験的にやってみようと思います。

ただねー、横罫線のノートなの(笑)

バレットジャーナルは方眼ノートおすすめしているので、気が向いたら買い換えるかもー(笑)

やると決めたのはいいけど手順がさっぱりわからないので、すみれさんのこちらの記事を参考にしてみたいと思います。

バレットジャーナル完全ガイド〜作り方や用語の説明とオススメ文房具の紹介〜

とりあえずこの記事を読むと、バレットジャーナルの作り方から文具の選び方まで一通りのことはお勉強できそう。

一緒の始めてみませんか?^^

ブログランキング

応援していただけると更新の励みになります!

愛読書です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

内臓脂肪の役割