新学期が始まるからゆっくり時間をとって自分と向き合おう

新学期が始まりましたね。

社会人の方は会社で緊張もするのでしょうね・・・。

1年の中でも区切りのあるこの季節。

ゆっくり時間をとって自分と向き合いたいです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

定期的に自分と向き合う時間をとることは大切だ

毎日の生活・用事に流されると時間がアッという間に過ぎてしまいますよね。

あまりに生活に流されてしまうと、自分の気持ちや考えがわからなくなってしまう気がします。

自分の根っことなる部分は時々思い出すようにしたい。

そして生活に流されずに自分の思いを持って生きたいです。

そのためには自分としっかり向き合う時間を作ることです。

意識して時間を作ろうとしないと、そのような時間はとれません。

時間が一番貴重な財産です。

ノートに自分の気持ちや頭にあることを全部書き出すとスッキリする

ただ考えてるだけでは、思考がグルグル回るだけで何も変わりません。

そこで私はノートに思うことを何でも全部書き出します。

これは昔からの習慣です。

子供の時は日記をつけていました。

大人になってからは藤沢優月さんの本を読んだりして、ノートに書く方法を学びました。

参考図書
夢をかなえる人の手帳術 最新版

不安だったり、焦ったり、イライラしたりすることが続くときは、自分自身と離れ離れになってしまっているときです。

こんな時は長めに時間をとって、ゆっくりとノートにつらつらと書き出します。

支離滅裂でも全然OKです。

何も気にしないでただ書いていくだけ。

これだけでも意外なほどスッキリするんですよ。

ノートに書くと客観的に自分を見ることができる

どんどん、どんどん書いていくと、「私って、こんなことを考えてるんだな~」と一歩引いて自分を見ることができます。

不安と焦りのグルグルスパイラルを抜ける瞬間です。

こうなってくると段々活力が戻ってきて、本当に自分がやりたいこと・優先したいことが見えてくるんです。

あとは行動に移すのみ!!

実は、私の場合ここが弱いところです(汗)

「行動に移す」ということ。

いくらいい考えがあったとしても、それを行動に移さない限りは頭の中にあるだけのことです。(本当は頭の中にあれば現実になるはずなのですが)

自分の好きなこと・優先したいことが見つかったとしても、そこへ向かうように行動していかないと、やっぱりふりだしに戻ってしまいます。

「不安と焦りのグルグルスパイラル状態」です。

心って、常にメンテナンスが必要なんだ

一度、心を見つめて元気になったら「はい、終わり」ではありません。

常に心と向き合う姿勢が必要です。

心って波があるので、元気なときもあれば落ち込むときもある。

そんなときでも仕事や家事はしないといけないので、心のバランスをとって生きることって、実は大変なことなんだと思います。

毎日、長い時間をとるのは大変ですが、毎日5分くらいなら自分の時間を取ることができるのではないでしょうか?

その5分で「今日の自分はどんなかな?」って見つめることを続けていると、不安と焦りのグルグルスパイラルにはまりづらくなるんです。

結果、安定して日々過ごすことができる。

安定していると、行動にも移りやすいんじゃないかな?

元気がないときって、何にもする気が起きないですもん。

4月って、環境が変わる人が多いと思います。

これって、実はすごくストレスがかかっているんです。

そんなときこそ、自分をいたわって少し多めに自分を見つめる時間をとるといいですよ。

ご自愛下さいね!

参考図書

夢をかなえる人の手帳術 最新版

ブログランキング

応援していただけると更新の励みになります!

愛読書です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

内臓脂肪の役割