逆算手帳と夢かな手帳を合体させた手帳を自作してみるか?

今年は逆算手帳を使っています。

2017年10月から使い始めているので半年以上たちました。

最近の状況は・・・あまり使いこなせていません(汗)

もっと手帳を使いこみ、夢を叶えていきたいのに!

これからどうやって使いこんでいくか考えてみました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

ガントチャートが使いこなせていない

どうも、ガントチャートに慣れていないので使えてません。

最近は白紙状態(汗)

5月もほとんどこれ↓に近い・・・

良い習慣を身に着けるために使っていくといいんだろうなーとは思うのですが、基本怠け者体質のため行動に移っていかない・・!

もう、手帳がどうのこうの言う前に「お前のマインドをどうにかしろっ!」て話だと思う・・・。

しかしこの怠け者マインドを助けるためにガントチャートがあるんだと思う・・・。

卵が先か鶏が先か?みたいになってきたな。

別売りのバーチカル用紙を買ってないから日々の予定が書きこめない

今まで夢かな手帳を使っていました。

↓こういうの。バーチカルタイプです。

私はほとんどルーティンワークの人なのですが、意外にもバーチカルは便利で好きなんです。

ところが逆算手帳はバーチカル部分は別売りなの。

早く買えよ!って話ですね(汗)ごめんね。

そんなわけで忘れてはいけない大事な予定はマンスリーに書きこんでいます。

ですが、毎日の細かい用事が多いので、それを書きこむにはマンスリーだけじゃスペースが小さい。

主婦は本当に細かい用事が多いんですよ。

手紙出すとか、銀行で振込するとか、牛乳買うとか。

でも、この細かい用事も忘れちゃうと困るんだよね。

バーチカルだと、その用事をやりたい時間帯に記入できるのですごくわかりやすいんですよ。

あー、やっぱりバーチカル欲しい。

逆算手帳のライフビジョンは楽しいから好き

逆算手帳の前の方は大好きなんですよ!

特にライフビジョンは写真を貼ったりシールを貼ったりしているからにぎやか。

見ているだけでワクワクします。

これ、毎年作りたい!

ってことは逆算手帳も捨てがたい。

逆算手帳も夢かな手帳もそれぞれにいい部分があるんだよねー。

逆算手帳+夢かな手帳÷2=バレットジャーナル?

そんじゃーさー、もう自作しようか?

最近知ったバレットジャーナル。

詳しい説明はこちらのサイトが参考になります。
わたしのバレットジャーナル

これだったら自由に中身を作れるよね。

やってみようかな?

手帳があんまり使いこなせてなくて白紙ばっかりだと、悲しくなるよね・・・。

ただね、私、絵とかイラストは苦手。

だからよく見るような素敵なビジュアルの手帳にはならなそうだなぁ。

そこはマステやシールでごまかすか?(笑)

元々のバレットジャーナルってシンプルなものらしいので、気軽にチャレンジしてみます!

ブログランキング

応援していただけると更新の励みになります!

愛読書です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

内臓脂肪の役割