完璧主義にさようなら。まずは小さな一歩から始めてみよう

完璧主義だと、かえって一歩も進まないって感じることがありませんか?

私は物事に取り組むのがとっても遅くて、後になって焦ったり、失敗したなって思うことが良くあります。

物事に取り組むのが遅いという理由が「完璧主義」だからでは?と思っています。

「完璧にできないなら最初からやらない」という白黒つけたがる性格なんですね。

完璧にできる人なんていないのに・・・。

こんな性格を変えて、何でもパパッと片づけられる人になりたい・・・。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

とりあえず始めてしまえば何とかなる

とりあえず、小さなことでもいいから始めてみるっていう作戦

始めてみれば意外とスイスイ乗ってきて、結局最後までできた!っていうパターンになりそう。

やってみると意外と簡単だったりして。

始められないから、その物事がだんだん実際よりも大きく見えちゃって、取り掛かれなくなる。

結果、やらずにやめちゃう。

そしてひとっつも進歩しない。

始めの一歩すらできない。その一歩大きくないか?

始めの一歩すらできない時。

ひょっとして、その一歩大きくありませんか?

例えばブログ記事を更新しよう!というとき。

忙しくて中々更新できないんだよね~。と言いながら記事を書かない(私のこと)

「朝飯前に1記事更新する」じゃ、小さな一歩とは言えません。

そういうときの小さな一歩は「パソコンのスイッチをONにする」ですよ~。

笑っちゃうくらい小さな一歩にして下さい。

小さな一歩がすごいっていうのがイメージ的によく分かる動画ありました。

小さな一歩をバカにしてはいけません。

NHKで昔放送していたのですが、すごいですよ!

蟻1匹で大人が見上げるような大きな壁を倒せます。

まぁ、ちょっと工夫してるけどね。でもすごいよ。

動画はこちら

ね?見た見た?すごいでしょ?

あんな小さな蟻にだってできるんだから、私にだってできる!!!!

小さな一歩についていい本あります。

小さな習慣

ブログランキング

応援していただけると更新の励みになります!

愛読書です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

内臓脂肪の役割