バレットジャーナルには方眼ノートが良さそうだ

バレットジャーナルを作っている中で思うことは

「方眼ノートがいいんじゃないか?」ということ。

今は、手元にあったとりあえずのノートを使っているため横罫線のノートなのです。

縦に線を引くときに「ああああ、方眼がいい!」と毎回思うわけです。

横罫線でも書けますが、きれいに縦線をひくのが面倒です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

縦線必須だが、横罫線は目印を定規で測るのが面倒

縦線をひくのに、目印を付けながら線をひきます。
この目印を定規で測るのが面倒すぎます!

かと言って目分量で引いてしまうと幅がまちまちだったり、斜めに線をひいてしまったり。

あんまり適当すぎると仕上がりにがっかりするので手帳を使わなくなる恐れがあります。

方眼ノートなら縦線も簡単にきれいに引けますね!

トラッカー作るときも方眼が便利そうだ

トラッカーとは、習慣にしたいことを毎日チェックできる表のようなものです。

私はまだトラッカーを作っていません。

これから「これは毎日やりたいなー」というようなことが出てきたら、トラッカーを作るかもしれません。

毎日記録を取るのに○×つけたり、行動した日は色を塗ったり。

この時に方眼のマス目が役に立つんじゃないかなー?

100均でも方眼ノート売ってるね

バレットジャーナルを作りにあたり、いきなり高級ノート使うのも(途中で飽きちゃうかもしれないから)気が引けます(汗)

今は100均でも立派な方眼ノートが売っているので、まずはお試しで方眼ノートを使ってみるといいかもしれません。

方眼ノートと一口に言っても、線で書いてあるタイプとドットタイプがあります。

これは好みで決めちゃいましょうね。

私もダイソーで買いました。

まだ使っていませんが。

今使っている横罫線のノートが終わったら、方眼を使う予定です。

お試しで作っている今のノートは横罫線です。

7月が終わるとちょうど使い終わるのでダイソーの方眼ノートに行きますよ!

最後に

バレットジャーナルって、色々試してみるのが楽しいですね。

少しずつ進化していって、自分にピッタリの手帳が作れたら嬉しいです。

何で手帳作るか?っていうと、自分の時間を充実させたいからなんです。

だから手帳を楽しく使いつつ、自分の時間を大切に使っていきたいですね~

毎日を特別にする みんなのバレットジャーナル (MSムック)

楽天はこちら

ブログランキング

応援していただけると更新の励みになります!

愛読書です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

内臓脂肪の役割