家事をていねいにやってみると心が落ち着いていいものだな

主婦って本当に忙しいですよね。

毎日やることが山積みです。

それでつい「忙しい、忙しい」って言いながら過ごしてしまいます。

そこでふと思ったのは「忙しいって言いながら過ごす時間と、忙しいって言わないで過ごす時間の長さは変わらない」ということ。

「忙しい」と言うことによって、仕事が早く終わるとか、仕事の量が減るならいいのですが、実際には何も変わらないですよね。

むしろ同じ時間をイライラしながら過ごすので時間の質は落ちてしまうのではないでしょうか?

同じ時間を過ごすなら、少しでもいい感じで過ごしたいですよね?

そこで「毎日の家事を丁寧に落ち着いてやってみる」ことを提案します。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

家事を丁寧に落ち着いてやるとどうなるのか?

心がざわついたり焦ったりしていると、何を見てもイライラします。

このイライラを落ち着かせるためにわざと動作をゆっくりしたり、ていねいに行ったりしてみます。

体から心にアプローチするということですね。

動作がゆったりすると気持ちも影響されて少しだけ落ち着いてきます。

深呼吸をするのもいいですね。

細く長く息を吐いてゆっくり吸う。というのを繰り返すだけです。

とても簡単!

人間の体は不思議なもので、脳が体全体を支配しているのは確かですが、逆に体から脳に影響する部分もあるんですね。

「悲しいから泣くのではない。泣くから悲しいのだ」というのは心と体の真実ではないでしょうか。

とりあえず5分、家事をするときにゆったりとした動作でやってみる

私が意識してやってみたのは洗濯物をたたむ時。

あるとき、イライラしながら洗濯物をたたみ始めました。

「あー、夕飯食べて後片付けしたと思ったら、次は洗濯かよっ!」と、人様には見せられないような悪態をつきながら(笑)洗濯物をたたみ始めました。

そこでふと「別に急いでやらなくてもいいわけだし。落ち着いて、ゆっくり丁寧にたたんでみるか」と思ったんですよね。

そこから洗濯物1枚1枚をゆったりと手に取り、丁寧にたたみ始めました。

すると意外にも気持ちが落ち着いてきて、洗濯物はものの10分くらいで全部きれいにたたみ終わりました。

イメージでは20分くらいかけてバッサバッサしながらやる仕事だと思ってました。

思っていたよりも早く終わっちゃうのね。(笑)

毎日やっていることなのに、意外な発見でした。

「あえて動作をゆったりする」というのがポイントです。

そうは言っても忙しいので(汗)ゆったりやるのは、ほんの少しの時間でいい

「1日中ゆったりと」っていうのは実生活の中ではむずかしいですよね。

わかります。私も朝は時間がなくてバタバタしてますから(笑)

ゆっくり丁寧にやるのは、1日の中でほんの5分くらいでいいと思います。

無理する必要はまったくありません。

だって「少しでもいい気分でいられること」が大切だから。

無理をしたら本末転倒ですよね。

でも、試しに一度だけでもやってみるとその良さが体感できるので「またやってみよう!」って思えるんですよ。

少しずついい時間の過ごし方を貯金していくような気持ちで、ゆっくり焦らずやってみたら意外といい気分になりますよ^^

引き寄せの法則も働いて、ますますいい気分を引き寄せるかも!です!

では またねん。

はい、もう引き寄せの教科書と言えば奥平亜美衣さん。

楽天はこちら

ブログランキング

応援していただけると更新の励みになります!

愛読書です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

内臓脂肪の役割