個人レベルでサマータイムにしたらもっとやりたいことができるかも

暑すぎる夏にビックリしているmakiです。

「自分の時間」をとりたいのになかなか実行できません。

なぜ「自分の時間」をとりたいのか?っていうと、充実した時間を過ごすために自分の内面とじっくり向かい合いたいから。

藤沢優月さんが言うところの「灯台の時間」をとりたいのです。

最近は生活がグダグダしてなかなか「自分の時間」をとれません。

時間をどのように使ったら充実することができるか?と考えたのですが、「4時から21時を活動時間にする」ってどうよ?と思いました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

活動時間を考えた理由

夢に近づくための行動を起こしたい。

しかし朝は忙しく、夜は疲れて何もできない。

これでは夢に近づくための一歩がまったく進まない。

となると、一生このまま何も変わらない生活だ!

それはイヤだな

じゃぁ、どうしたら時間を作れるか?って考えて行動しないといけないな。

私の現状がどんな感じかをご紹介すると・・・

朝は比較的元気な人。気持ちも明るい。

毎朝5:30に起きてお弁当を作るので、早起きしても実際は自分のことをする時間がない。

日中はお仕事。

毎日試行錯誤の日々。

簡単なこと、熟知していることをバーっとやる仕事ではない。

考えながら仕事するので、脳力(こんな言葉あるのか?脳のエネルギーという感じ)を使い果たしてしまう感たっぷり。

そして忙しい。本当に忙しい。

こんなに忙しいのは「私が仕事できないから?」という疑問。

なのでもっとスキルアップしたい今日この頃。

日中、脳力を使い果たしてしまうためか、夜は廃人。気力も体力もなく、すぐに眠くなる。

夕食を作るのが限界ギリギリの作業。

そんな中でも何かできないか?とすがるような気持ちでスマホ片手に役に立ちそうな情報収集をしてみる。

が、実際はただのネットサーフィンしてるだけの人に成り下がってる。

だったら、とっとと寝てしまった方が良い。→22時くらいに寝てしまう

このような生活をしていて、夢に近づけるでしょう・・・

いや、近づけません(かぶり気味に)

夢に近づく活動ができるようにするには?って考えた

このような生活を続けていては、ワクワク人生にならないじゃん。

気力・体力をワクワクすることに使えるようにしたい。

じゃぁ、どうしよう?

1.ワクワクリストを見て自分の夢を1日のうちに何回も思い出す

2.この夢に近づくためにできることを書き出して

3.手帳に行動予定を書きこむ

4.その時に自分の気力体力を考えてスケジュールする

ってやったらいいのでは?

1.ワクワクリストを見て自分の夢を1日のうちに何回も思い出す

→手帳に書いてあるから朝晩必ず見るようにしよう。

ちなみにワクワクリストはこんな感じ
「ワクワク」って一体何なのでしょうか?

2.この夢に近づくためにできることを書き出して

→灯台の時間でやろう。朝1番に。起きたらすぐにノートに何でも書き出してみて考える

行動の因数分解。小さな1歩になるまで行動を分解する。

私が何のハードルも感じないくらい小さな行動まで分解する。

3.手帳に行動予定を書きこむ

→小さな行動まで分解したから、予定として手帳に書きこむ

思い出して。

私、「朝は元気。夜、廃人。」

なるべく朝の時間帯にやるのがいいな。

お弁当作る前にやりたい・・・。→4時起き???

早起きしたいなら前日は21時就寝??

おー、イッツ サマーターイム!

こういう時間配分は、おそらく夏限定かと。

冬は無理だなー。

サマータイムは夏を快適に過ごす技だわー。

あとは行動するだけ

これだよ。問題は。

計画だけじゃダメ。行動しないと何も変わらないんだー。

行動を把握するのに手帳をを使うんだ!

今年は逆算手帳 GYAKUSAN planner 2018年版

使いこなせていないけど(汗)

要は自分が使いやすい手帳ならそれでよし。

バレットジャーナル作ってみました。
2018年8月のバレットジャーナル完成【画像で紹介】

すぐにはできないかもしれないけど、とにかくチャレンジしてみる!

(私ならできる!私ならできる!←自己暗示かけてみる)

今年の夏は暑いですが、個人的サマータイムで無理せず少しずつ進みましょうね~

逆算手帳 GYAKUSAN planner 2018年版 A5 ダブルマンスリー(ガントチャート&カレンダー)

ブログランキング

応援していただけると更新の励みになります!

愛読書です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

内臓脂肪の役割