【体験談】車同士の交通事故を起こしてしまった!

今年の5月。車同士の接触事故を起こしてしまいました。

交差点で車同士の接触事故です。

私の方が「止まれ」があったので、こちらの方が悪かったのです。

けが人がなかったことが不幸中の幸いです。

相当落ち込みました。

「バカなことをしてしまったなぁ」と。

もう二度とこのような自分の不注意で事故を起こしたくないので、自戒の念を込めてその時のことを書いておこうと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

朝、すごく焦って運転していたのが災難の始まり

平日の朝、時間がなくて、すごく焦って運転していました。

子供を送らなければいけないのに、支度が遅くて間に合わない!!

これ、自分が遅れるなら「仕方がないや~」と割り切れるんです。

でも、子供が学校に間に合わない!!というのは焦るんです。

ここがそもそもの間違いですね。

だって、支度が遅くて遅れるのは、子供本人の責任。

それなのに「親が焦る」って、そこから間違ってると思います。

急がなくちゃ!と思って、交差点に入る時に、右から来た車に気付きませんでした。

それに気づかず左折しようとしたときに、右から来た車と接触しました。

相手とのやりとり

まず言われたのが「バカヤロー」

軽トラに乗ったおじさんでした。

「すみません。お怪我はありませんか?」と答えるのがやっとです。

怒られました。

その場で連絡先の交換をしました。

おじさんは「これから仕事だから困る。あんたのこと信じるから2万円払ってくれれば事故にしないよ」と言われました。

しかし事故が起きたら、まず「警察に連絡」が基本です。

警察に「事故証明」を作成してもらうためです。

「事故証明」がないと、保険屋さんからは事故後のお金はおりません。

そこで「警察に連絡します」と言ったところ、仕事に遅れることを避けたかったおじさんは、軽トラで行ってしまいました。

仕方がないので私から警察に電話しました。

「事故証明を作成するには、相手の方と一緒に確認してもらわなければできません。」と言われてしまいました。

「相手の方を引き留めましたが、仕事があるから・・・。と行ってしまいました。」と伝えると、警察の方から相手の方に電話してくれるとのこと。

一旦電話を切って、警察からの電話を待ちました。

去った相手・警察官と一緒に事故の確認

警察から再度連絡が入りました。

「相手の方、現場に戻ってくれますのでお待ちください。

我々は別の現場で対応中のため、終わり次第現場に向かいます」

去った相手の人、よく戻ってきてくれることになったなぁ。

こういう時は、力のある人(警察官)から依頼してもらうとスムーズにいきますね。

相手の方が戻りました。

「お忙しいところすみません」と言ったところ、
「警察から連絡があって、『現場に戻らなければ免許はく奪されますよ』って脅されたよ・・・。」とのことでした。

そりゃー、戻るわね。

で、小一時間位、なんとなく話をしながら(でもほとんど会話ない・・・。気まずい・・・。)警察の方が来るのを待ちました。

警察官2人で別々に事情聴取

2人警察官がやってきました。

そして相手の方と私は、別々に事情聴取されました。

話が終わるとその場で解散。

警察官は、暑に戻ったら「事故証明」を作成してくれます。

それは、当事者が必要というよりも、保険屋さんが必要な場合に警察に連絡して事故証明をもらうようです。

なので、当事者としては、警察とのからみはこれでおしまいでした。

警察官の方も慣れているので、注意はされましたが淡々と話を聴いてあっさりと終わりました。

精神的に凹む

今回のように、相手の方が絡む事故は初めてです。

自分で車をこすった、とかは何度かあります。でも自分が困るだけなので諦めることもできました。

しかし今回は相手の方がいて、しかも私の方がほぼ悪い。
(後で分かることですが、人と人が事故を起こした場合、100%どちらかが悪い、ということはないそうです。

というのも、全てのドライバーは『危険なことには対処できるように、注意深く運転しないといけない』というルールがあるので、相手の方にも「事故を避けられなかった」責任が生じてしまうらしいです。

当たられ損だよね・・・。すみません)

そんなわけで2,3日凹んでいました。

今回の事故ではけが人がいなかったことが不幸中の幸いです。

本当によかった。

保険屋さんに連絡

私はソニー損保に入っているので、警察とのやり取りが終わった後に電話で連絡しました。

テキパキと応対して下さり、相手の方との直接のやり取りは今後は発生しません。

すべて保険屋さんで対応して下さいます。

何かあると電話をくれるのですが、自分が仕事中で電話に出ることができず、申し訳なかったなー。

電話でのまどろっこしいやり取りがあったので、全てが完了するのに1か月ちょっとかかりました。

事故の相手の方と今後話をしなくて良いというのが、精神的な負担をかなり減らしてくれました。

当初は「事故にしないから2万円でいいよ」と言われましたけど、保険屋さんにお願いして良かったです。

次は車の修理。中古部品を使いやすく仕上げてもらう

私は、自分の車には保険をかけていなかったため、何か事故を起こしたときは全て自己負担で修理をしないといけません。

しかも今回は8:2位の割合でこちらが悪いので、修理代の2割分は相手の方の保険から補てんされますが、残りの8割は自己負担になります。

となると、なるべく安く仕上げたい・・・。

もう、これ以上お金かけたくない・・・。

というわけで、車検が通るくらいの最低限必要な部分だけ修理をお願いしました。

全てきちんと直したら20万くらいかかるところ、最終的に私が支払ったのは3万円くらいですみました。

相手の方は無傷でしたが保険を使いました

今回、保険使うことになると、次回の保険料が3万円くらい高くなります。

そして毎年少しずつ保険料が安くなってきて、今くらいの水準に戻ります。

上がってしまう保険料 vs 今回の修理代

を天びんにかけて、もし修理代より保険料が高くなるようなら今回保険は使わない・・・。という選択もできます。

しかし、今回は相手がいます。

1か月くらいしてから「何だか首と肩が痛い。事故の後遺症では?」というようなことがないとも限りません。

そうすると保険料が高くなろうが保険を使う方が安心です。

こういう時の為の保険ですからね。

保険に入る時は、いくつか見積もりをとって比較してから決めましょう。

↓こういうところでまとめて見積もりをとると早いです。
自動車保険は比較で安くなる!

ほんの一瞬の不注意が大惨事になると心がける

ほんの一瞬のことで、精神的に落ち込みましたし、何万円も吹っ飛びました。

運転するときは本当に気を付けなければいけないんだな・・・。

これくらいの事故で済んで御の字です。

もう、こういうことは経験したくないので、気を付けて運転しようと思いました・・・。

ブログランキング

応援していただけると更新の励みになります!

愛読書です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

内臓脂肪の役割