夢かな手帳2019年発売日が近づいています。9月下旬です。

8月後半に入りましたね。

この時期になると楽しみなのが、来年の手帳をどれにするか?

今年は逆算手帳でしたが、来年はどうしようかな?と決めかねています。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

夢かな手帳2019年。中身の情報が出てきました

夢かな手帳の著者 藤沢優月さんのブログに、2019年夢かな手帳の情報が出始めていました。

優月さんの2019年夢かな手帳のHPはこちら

発売日はまだ決まっていなくて9月下旬となっていました。

毎年9月20日前後に発売されているので、今年もそれくらいの時期に発売されるかもしれませんね。

2019年は、細かいところが色々と変わるようですね。

どんな風に変わるのか楽しみ。

夢かな手帳で自分の心を掘り下げることができる

夢な手帳は毎月 優月さんのエッセーが載っているんですよ。

そして、毎月ワークが準備されています。

「今月はこのワーク」という感じで取り組むと、1年が充実していきます。

1か月ごとに違うワークなので、飽きずに取り組めますよ!

このワークがあると、私と一緒に優月さんが走ってくれている感じがします。

コーチのような存在です。

このワークに取り組めると、手帳使いもうまく進むような気がしますね。

逆に、このワークのページに書きこみが少ないと、実際の生活の方も何か物足りないような気持ちが・・・。

手帳に書くことによって、行動につながっていくのを強く感じます。

夢かな手帳が少しずつ進化している予感です

現在公開されている優月さんのブログで、2019年の手帳の中身が少しずつ公開されています。

今回は、今までと少し違う工夫がされるみたいなんです。

夢かな手帳2019年 中身の情報はこちらから

かつて夢かなユーザーだったので、どこがどう変わったのか?というのが気になりますねー。

優月さんのHPでしばらく手帳の追っかけをしたいと思います。

手帳のサイズも自分に合うものがあるんだな。

夢スタ手帳を1度使ったことがありあます。A5サイズなんです。

それまでB6サイズだったのですが、「A5」にしたらたくさん書けるな~。ますます楽しくなっちゃうな~と期待していました。

でも、このサイズは自分には合いませんでした。

仕事が変わったりして、環境が変わったせいもあるかもしれません。

なんだか手になじまなくて、手帳をあまり開かなくなってしまったんです。

「大きければいい」というものでもないんだな、と気付きました。

関連記事
夢スタ手帳全然使わなくなってきた。生活パターンに合わないのか?

手帳って脳みその中にある素敵な未来を創るツールなんだ

手帳やノートに思ってること・考えてることを書き出すと、頭の中を整理することができます。

私の中での役割分担は
ノート・・・脳みその中を全部だすツール

手帳・・・脳みそから出してきたものを整理整頓してわかりやすくするツール

という感じです。

だから、ノートは見た目を考えず ただひたすら書くだけ。

全部出し切る!という勢いで何でも書き出します。

一方手帳は、パッと見ただけで「これから何をすればいいのか?」がわかるものになっています。

手帳のおかげで未来が明るく楽しいものになる!って思うと手帳選びも真剣になりますね!

ブログランキング

応援していただけると更新の励みになります!

愛読書です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

内臓脂肪の役割