斎藤一人とみっちゃん先生が行く


斎藤一人とみっちゃん先生が行く (KKロングセラーズ)
副題
~ウサぎはトラのように生きる必要はないんだよ。~

この本を選んだときの心境が
「わたしって、ぜんぜんダメだ・・・」
と落ち込んでいるときでした。

この本を書いた「みっちゃん先生」は
小さいときから優秀なお姉ちゃんと比べられて
「私って、ダメなんだ・・・」と思い込んでしまっていました。

それが、小さいときから知っている斎藤一人さんとの交流の中で、
自分のいいところに気づくようになり
今ではピカピカに輝いて活動されているようです。

この本を読んだあとは、すごく元気が出てきましたよ!
私がいいな!と思ったところです(^_-)-☆

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

この世にダメな人間っていないよ。人間って何かしら”いいとこ”もってる。
それを見つけて伸ばせばいいんだよ。だけどそのスタートはやっぱり「一」からなんだよ。じゃあ、その「一」って何ですかっていうと、まずは、自分がもってる”いいとこ”に気づくことだよ。それでね、世の中って、おもしろいんだけど、意外と自分が欠点だと思ってることが長所だったりするんだよ。
毎日ニンニクとショウガでレバ刺し食ってステーキ食ってる「うつ」の人っていうのは考えづらいんだよね。考えづらいってことは起きないんだな。ハハハ。
だから、大概のことは「この組み合わせは考えられない」っていう組み合わせにしちゃうと、なくなっちゃうんだよ。要するに、似合わないことをやっちゃうという。
(体調を崩して体重が40kgを切ってしまい「うつ」状態になってしまったみっちゃん先生に言った一人さんの言葉)
みっちゃん、人間はどっちにでもなれるんだよ。カンタンにね。

~中略~

だけど、強気になるのに周りなんて関係ない。不思議なんだけど、自分が強気のほうがいいと思っていれば、どんどん強気になるんだよ。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

人の心って波があって、元気なときもあれば、落ち込むこともあります。
でも、基本的には元気に明るくワクワク進みたい。

この本は「自分ってダメだ・・・」
と思い込んでしまっているときに
「そんなことない!!」
と思わせてくれる本でした(^_^)

ブログランキング

応援していただけると更新の励みになります!

愛読書です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
スポンサーリンク
レクタングル(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

内臓脂肪の役割