「始める力」を読んでみたら「ソース」の手法がことごとく理に適っていた

今日はこの本を読んでみました。

始める力 (幻冬舎新書)

何かを始めるときって、いろいろ考えてしまって、なかなか始められないことってよくありますよね。
始めたとしても三日坊主で終わることって、これまたよくありますよね。

実は「始める」って、すっごく大切なことだよ!
0が1になるんだから。

そして始めたとしてもなかなか続かない・・・。
でも大丈夫!!
行動科学マネジメント的に「始める」ことを考えると、
きっとみんなもいろんなことが始められて、しかもそれを続けていくことができるんだよ!!
なんつったって「行動科学マネジメント」っつーくらいだから、「気合だー!」とか「根性だー!」なんて言わないよ。誰でも再現できるのが「科学」だからね!

・・・という、何をやっても三日坊主な私にとってはとても心強い本でした(^_^)/

読んでみてびっくりしたのが
「ソースですすめている方法が行動科学マネジメント的にめちゃめちゃ理に適っている」ということでした。

ソースってこちらです

ソース―あなたの人生の源はワクワクすることにある。

少し紹介してみますと、
「小さな一歩」をそっと踏み出す
→ソースでも「小さな一歩」をすすめています。


とにかくちょっとでも興味を感じたらやってみることが大事です。あなたにとって面白いかつまらないかは実際にやってみなければわかりません。

→「ソース」では「ワクワクすることをすべて同時に実行しましょう」とすすめています。「すべて」をやるのがポイント。

私たち人間にとって一番大きなご褒美は「精神的喜び」
→ソースではワクワクすることを全部やれ!とすすめているので、その通りやると、もう、やるだけですっごくワクワクして楽しい!!やればやるほど「精神的喜び」がもたらされる。

他にも、紹介したいことが満載の本で、読んでいて楽しかったです!

ブログランキング

応援していただけると更新の励みになります!

愛読書です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
スポンサーリンク
レクタングル(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

内臓脂肪の役割