奥平亜美衣さんの新刊「望む人間関係の引き寄せ方」の感想

心待ちにしていた奥平亜美衣さんの新刊が届きました!!

20150725望む人間関係の引き寄せ方

副題が
「他人のことで、もう一生悩まない!」

って、すごいですね(≧◇≦)

悩み事の多くは人間関係からきますよね。

だから、人間関係がうまくいっていると、
逆に大概のことは乗り切れるような気がします。

私はこの本から
「私のまわりの人たちが、どのような状態であっても、
私がぶれずに幸せでいられる方法(のヒント)」

を学びたいな~と思いながら読み進めました。

まずビックリしてしまったのが、

考えてみてください。あたなの嫌いなあの人のことを、あなた以外の誰かが好きだ、ということが普通に考えてあり得ることですよね。
つまり、あの人が嫌な人なのかどうか、それを決めているのは、「あの人」ではなくて「あなた」なのです。

ということは、私の感じ方を変えると、私のまわりに望む人間関係を引き寄せられるということ。

その方法として2つの方法を教えてくれました。

まず一つ目は、あなた自身が、今あなたの周囲にいる人たちを、楽しい人、陽気で明るい人、優しい人、誠実な人、正直な人、愛情深い人、温厚な人など、自分が、こういう人が周りにいたらいいな、と思うような特徴を持った人だという目線で見ていくこと。

人間関係で嫌なことがあったときって、つい「あの人は嫌な人だ」
と思って、嫌な気分になり落ち込む・・・。
ってなりがちです。

「では、自分はどういう人間関係を望むのか?」

ってことはほぼ考えません。
というか落ち込んじゃってそういうところに思いいたる元気がなくなってしまいます(T_T)

これって完全に自分の自由を相手にゆだねちゃってる状態ですよね。

これじゃあもったいないです。
せっかくの自分の時間を他の誰かに握らせてしまい
しかも楽しさも成長もない状態に自分が陥ってしまっている。

一体誰のための時間なのか?
本当は私の時間(=命だと思います)のはずなのに。

では望む人間関係を引き寄せる二つ目の方法は?

あなた自身の波動を高めていくことです。

具体的にはワクワク・ルンルン・ウキウキ・前向きなどの幸せな状態に自分を持って行くように行動すること。

いい人間関係を引き寄せるためには自分を整えていくのが大事なんですね。
「本当の自分でいられること」がいい人間関係を引き寄せる。

本当の自分とは

・そもそもが素晴らしい存在
・存在するだけで役立っている
・前向きで愛と喜びにあふれている
・すべてのものごと、出来事、対人関係を受け入れている(いい面を見出そうとしている)

これがまた!!人間関係で落ち込んでいるときって、こう思えないのです!!
むしろこれと真逆を考えちゃいます。

もう、無条件に本当の自分は素晴らしいんですよね。
いつでも、どんなときも、本来の自分ってこんな風に素晴らしいんですよね。

理由なんてない。
信じればOK。
信じたもん勝ち!!(笑)

ビックリしたのが

あなたは人に迷惑をかけることはできない

ということ。

人間って、生きてるだけで迷惑かけてるもんだと思ってました。
どんだけ暗い発想なんでしょう(-_-;)

何かをお願いするときなんか、すごーく申し訳ない気がしてしまって
他人に気軽にお願いすることができません。

これお願いしたら迷惑だろうな~と思ってしまうんですよ。

「お願いするくらいなら自分でやっちゃおう。」という発想。

それでも自分ができないことの方が多いので
「ごめんなさい」という気持ちで他の人にお願いするんですよ。

でも「迷惑かどうかは、受け取る人が決めること」なんですよ。

同じことをお願いしても「迷惑」と感じない人もいるし、
同じ人でも時と場合によって「迷惑」と感じるのだし。

だから「迷惑かな?」ってことは私が考えなくてもよいことなんだ!

悩みが一つ減りました(笑)

望む人間関係の引き寄せ方後半は、実際に読者からの質問に答えてくれているので
「引き寄せ的にな人間関係の考え方~実践編~」という感じです。

こういう時はこうやって考えるのかーって参考になりますよ!

とにかく実践が大事。
本は読んだから、あとは実践するのみ。

コツコツ続けていきますよ~

長いのに、最後までお読みいただきありがとうございました(^_^)/

望む人間関係の引き寄せ方~他人のことで、もう一生悩まない!~

【楽天ブックスならいつでも送料無料】望む人間関係の引き寄せ方 [ 奥平亜美衣 ]

参考にしている亜美衣さんの本です。
   

応援していただけると更新の励みになります!

ブログランキング

応援していただけると更新の励みになります!

愛読書です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
スポンサーリンク
レクタングル(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

内臓脂肪の役割